10日~12日

水温は15℃弱で推移しました。今シーズンはライズが例年より多いです!朝晩、曇天雨天時は池中ライズだらけになることも多いです。ただし、簡単にライズを取れる訳ではなく、ライズの多さを目の前に、手を焼く釣り人も見受けられました……

8日~9日

水温は16℃前後とやや上昇しました。9日は雨天でしたが、魚の活性は高く、ルアーで午前中だけで中大型を20匹釣られた方もいました!池の全域でずっと魚のライズは絶えませんでした。

5日~7日

水温は14.5℃前後でした。ライズは増えています。ライズは主にユスリカの抜け殻(シャック)へのライズと成虫(アダルト)へのライズの二種類があり、前者は静かなライズで、後者は派手目なライズとなります。使用するフライもこれに……

2日~4日

水温は14.9℃~14.5℃でした。水温は15℃以下になり、いよいよ鱒の適水温になりつつあります。ユスリカの大量羽化が始まり、ライズもぐーんと増えてきました。特に、曇天や雨天時はライズは多いことが予想されます。

30日~1日

水温は16.4~15.2℃でした。依然、第一桟橋から0桟橋付近に魚は集まっているようでした。特に遠くに飛ばすと釣果は上がったようです。水温は下がってきて魚も元気です。大型魚を放流し始めています。